ミライフキャリアデザイン最終日レポート サムネイル画像

ミライフキャリアデザイン最終日レポート

 

先日、ミライフキャリアデザイン最終日を実施しました!

卒業式という形で、皆さんがご自身の「理想未来」を宣言するプレゼンを実施。
感染症対策をしつつ、オンラインとリアルのハイブリッドで開催しました。

 

笑いあり涙ありの最終日の様子を写真、参加者の皆さんの感想と共に振り返ります。

 

理想未来プレゼン

6月から開講されてきたミライフキャリアデザイン、60日間の集大成としてのプレゼンの場です。

それぞれが、自分自身のありたい姿(『理想未来』)を宣言していきます。

一人あたりの持ち時間は5分間。この日のために、自分自身の言葉で話せるように準備されてきたみなさんの発表は心を打つものがありました。

画像1

生い立ちなど、自分の価値観を形成した原体験まで遡りながら、自分のありたい姿を宣言していきます。

画像6

一人一人の発表を仲間たちが温かく見守っている、そんな光景もとても素敵でした。

画像2

同じチームのメンバーを応援する様子も見られました。
※👍サインをメンバーに送るメンター、まっさんの様子

画像5

 

発表者には、それぞれ仲間、参加したメンターからのメッセージが送られます。

画像6

~参加された皆さんのご感想~

感動の嵐でした。
自分自身の宣言も、前日ギリギリまで考え続けて、すごく納得のいくプレゼンにすることができました。たった5分のプレゼンに、それぞれの人生がつまっていて、何度もうるっときました。2カ月前とみんな顔つきが全然違って、今後のみなさんから話を聞くのが楽しみになります。

メンターからの卒業証書に、グラレコに、みんなからのメッセージ、すべてが励みになりました!ありがとうございました!
2ヶ月間のプログラムを経て、自分の気持ちに気づけたこと、それを自分の言葉で表現できたことを嬉しく思います。『こんな選択、しちゃいけないよな』って思っていたことが、『今、この選択をしたいんだ』という強い気持ちに変われた時に、なんとも言えない幸福感がありました。

メンバーの発表も、表情も喋り方も、すごく晴れやかで見ていてとても刺激を受けました。新しくできた仲間との繋がりを大切にしながら、これからの人生をばっちり楽しんでいきたいと思います!

アメリカから帰国中の吉成さんも登場!

画像7

当日はプログラムアドバイザー吉成さんにもゲストでお越しいただきました。

コミュニティについて、吉成さんがおっしゃっていた言葉が印象的でした。

コミュニティの語源はラテン語で「Communitas」から来ており、
「相互に(co)与え合う(munus)」という意味があります。

自分の保有情報、目的が伝わるのがコミュニティ。
だからこそ、コミュニケーションを沢山とって、コミュニティを作っていくのがとても大事なんです。
そこからイノベーションが生まれるんです。

吉成さんからはこんな夏休みの課題図書も。ぜひ英語原文でお楽しみください。

 

卒業式

一人一人に、卒業証書をお渡しし、写真撮影を行いました。
卒業証書にはメンターからの愛のこもったメッセージが記載されています。

画像6

卒業証書授与後、メンバーから、メンターと運営へのギフトプレゼントという嬉しいサプライズも。

最後にメンターの方からコメントをいただきました。

「仲間」の大切さ、そしてここがまずスタートラインだ、ということを感じた、笑いあり、涙ありの卒業式でした。

心の中にずっと余韻が残るような、そんな時間でした。

 

参加されたみなさま、メンターのみなさま、ロールモデルインタビューにご協力いただいたみなさま、プログラムにご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました!!!

 

 

次回のミライフキャリアデザインは完全オンライン開催です!詳しくは、オーナースケさん振り返りブログをご覧ください!

 

~オーナースケさんの振り返りブログ~

https://www.miraif.co.jp/column/20210810

 

~メンターまっさんの振り返りnote~

https://note.com/mats_san/n/na25036b7000e

 

ミライフは100%個人起点のエージェントです。

個人の状況やお気持ちに合わせて、柔軟に面談をしていきますので、安心してご相談ください。