News & Column

2016/10/12 ミライフ

農業×ドローンの∞ポテンシャル

img_5566

 

昨日、元マイクロソフトで、まさにwindowsを初期から世に広めてきた

勝俣さんが独立してチャレンジしているドローンジャパンの

記者会見がありました。

 

ドローン×農業でお米の作り方を画期的に変えていこうという

「DJアグリサービス」というソリューションを開発。

いよいよ日本展開段階に入ってきました。

 

実際に、つい先日収穫された「ドローン米」も初披露されました。

img_5577

ドローン米は敢えてパックご飯になっていて、

一つ目の理由は味、匂いを閉じ込めて、美味しさをそのまま届けるため。

 

そして、もう一つの理由は世界戦略のため。

お米はそのものだと関税が高いけど、パックご飯にすると

加工食品となり、通常のお菓子程度の関税になり、

充分に輸出できる商品力になるとのこと。

 

日本のコメつくりであり、日本のご飯がもっともっと

世界に飛び立っていくことになりそうです。ワクワクします。

 

 

ちなみに、私は8月にこのドローン×農業で

オーガニックなお米を作っている

旭川の市川農場さんに見学に行ってきました。

img_4496

 

とにかく、広い!広い!

この農場をしっかりケアして、オーガニックなお米を作るのは

ホント、並大抵の努力じゃないです。

 

 

でも、ドローンを使えば網羅的に田んぼの状態をセンシングで把握して、

部分的に肥料をまくことや、ケアすることができる。

ピンポイントでまくので効率的であり、お金も時間も削減できる。

img_4509

img_4501

 

日本の農家の多くは、人不足であり、高齢化であり、

このような丁寧な農業ができなくなっていて、

結果として、全体に農薬をまくしか打ち手がないのが実態。

 

まだまだ改良の余地はあるようですが、

ドローン×農業のポテンシャルはホント無限大∞です。

ACCESS RANKING