News & Column

大人も「(もっと)大きくなったら何になりたい?」って考えてみたらいいのに

アイスくるーむ

小さいころの夢はなんでしたか?

 

私は最初の夢は車屋さん。圧倒的に電車より車派。

どんなに泣いていても、外に連れていけば走ってる車を見て

泣き止んだらしい。

 

その後、小学生から高校くらいまでは

本気でサッカー選手になりたかった。

逆にいうと、サッカーしかやってなかったし、それしかできなかった。

 

でも、高校で東京選抜のセレクションに行った時に

帝京高校のエースと対決した時、圧倒的な力の差を感じて、

「こりゃあかん」とサッカーを仕事にするのは諦めた。

 

で、社会人になってからは「独立したい」と言い続け、

紆余曲折あったけど、やっと独立することになった。

 

夢を描いたからといって必ず叶うとは限らないし、

仮に叶ったとしてもその夢のような時がずっと続くとも限らない。

 

 

でも、やっぱりスタート地点として夢を描くことは大事だと思う。

 

 

小さい時に何度も大人から聞かれた「大きくなったら何になりたい?」

就職してからは聞かれることは無い。

でも、20代、30代なんて、70歳まで働く時代を考えるとまだまだ子供だし、

ここからさらに30~40年働くことになる。

 

社会人になっても「(もっと)大きくなったら何になりたい?」に対して

答えられる、考え続けるってとっても素敵なことだと思うし、

それが生きていくパワーになると思うんだけどな。

 

レールに乗った手なりの人生ではなく、

自ら選んだ意思のある人生を送れた方がきっと幸せだと思う。

 

 

ちなみに、この度、うちの娘が初めて自分の夢を話してくれたんだけど、

 

大きくなったらアイスクリーム屋さんになる~

クルクル~ってやるの

 

とのこと。

恐らくサーティーワンの店員さんのことかな。

夢はいくらでも変わっていいから、常になにか夢を持っててほしいな。

ACCESS RANKING