News & Column

MBA取ったからと言って経営者にはなれません

大学院

私は今、MBAを取得すべくビジネススクール(大学院)に通っています。
自分としてはとても不思議な感覚。

と言うのも、私は「MBAなんて意味ない」って思っていたし、

そういった人たちとの距離を感じていたので。

 

特に人事時代は、

「次世代経営者候補としてのMBA取得を推奨、支援するか」ということで

議論になったこともありますが、
「人は仕事(経験)で育つ」というのが育成コンセプトだったこともあり、
あえて制度等を作らなかった張本人でもあります。

 

私自身、現場叩き上げであり、
「ごちゃごちゃ言ってないでまずやれ」という感じで
育ったというのも関係していると思います。

 

なんでMBA取得を目指し、大学院に通うことにしたのか

 

これはリクルートエグゼクティブエージェント時代の経験が強烈に影響しています。

 

MBA取ったからと言って経営者になれるわけではないし、
むしろ頭でっかちで評論家みたいな人が多いと思ってました。

 

ただ、多くの経営者の方々とひたすらお会いして一つ気付いたことは、

社長、役員といった経営者に会っていると、意外にMBAを持っている人が多いということ。

 

しかも、その方々が、人間的にも、ビジネスマンとしても素晴らしい人が多かった。
私は自分が近くにMBAの人が多くいたわけでもないのに
食わず嫌いで距離を置いていたことを恥ずかしく思いました。

 

と、同時に自分も経営者を目指す立場として、
こういった経営者の方々と少しでも対等に話ができるようになりたいと思って、

スタンス180度変わって、まさかの私自身が大学院に通うようになりました。

 

こうして、今、ヒーヒー言いながら大学院に通っているわけですが、
先日、ライフネット生命の岩瀬社長にお話を聞く機会があったので
このことを質問したら、このように返してくれました。
言わずもがな、岩瀬社長はハーバードMBA、しかも成績優秀者です。

 

MBA取ったからと言って何が経営に役立ったかと言うとわからないけど、
MBA取りに来る人は明らかに経営、ビジネスに対して熱い想いを持っている。
結局、そのスタンスの人達だから、成功するのではないか。

 

とのこと。

 

そうか、MBAっていうのは能力じゃなくて、スタンスの証明であるのか。
MBA持ってるからと言って能力・知識が高いとは言い切れないけど、
最低でもビジネスに対してWILL(意志・想い)はあると言える。

 

MBAはWILLの証明書。

 

MBA取ったからと言って経営者にはなれないけど、
MBAを取るくらい、ビジネスに対するWILLがあれば
なんでもできるってことなのかもしれませんね。

ACCESS RANKING